架空請求 見分け方

メインイメージ

架空請求メールの見分け方

sagi4

架空請求メールは、携帯電話やパソコンの電子メール身に覚えのないアドレスから金銭の請求をしてくるメールのことです。

国民生活センターに寄せられた情報によりますと、請求内容はアダルトコンテンツ利用料の取立てが多く寄せられています。一見すると、それらしい文面で「法的措置をとる」「裁判所に申し立てる」など、金銭を支払わなければ裁判をすることを暗に匂わせることが書かれています。

実際に利用していたのなら支払い義務は当然生じますが、全く身に覚えがなければ基本的には無視をすることが大切です。間違っても、真意を問いただすためにメールに書かれたアドレスや電話番号に問い合わせるということだけは控えて下さい。

それでは、架空請求メールとそうでないかを見分ける方法はどこにあるのでしょうか?

まず一つ目のヒントとなるのは、『調査会社』『~~法』『電子名義認証』『最終通告』という言葉が使われていないかということです。

調査会社と聞けば思わず怯んでしまいますが、依頼もないのにわざわざ一個人の情報を報告するようなことがあるでしょうか? 正式な調査会社なら絶対にそのようなことはしません。

また、聞いたこともないような法律や、認証制度があたかも実在するかのように匂わせるのも、こういったメールの特徴です。最終通告という言葉も、受け手に焦りを感じさせる言葉ではありますが、正式な請求ならいきなり最終通告をしてくるということはありません。

二つ目のヒントは、問題となった日にち・時間等について曖昧になっていないかということです。

「お客様の端末でこのアドレスにアクセスしましたよね?」とチラつかせられても決して騙されてはいけません。ワンクリック、ツークリックであたかもどこかのサイトに登録したかのようなサイトはありますが、それらは法的に契約したことにはなりませんので、万一そのような覚えがあっても無視が原則です。

三つ目のヒントは書かれている送信先・連絡先。

送信先の宛名が書かれていなかったり、簡素なものである場合、連絡先が携帯電話しか書かれていない、相手の住所が書かれていない場合は、まず架空請求だと疑ってかかるべきです。重要な情報の話のはずなのに、相手の重要な情報が書かれていないというのはおかしくないでしょうか?

また、担当者の名前も架空の可能性もあるので、氏名ともに書かれているからといって安易に信じるべきではありません。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 詐欺に遭わないために~特殊詐欺から身を守る方法 All Rights Reserved.