特殊詐欺

メインイメージ

増える特殊詐欺被害

sagi4

警察庁の調べによりますと、平成26年中の特殊詐欺被害の被害額は分かっているだけでも約560億円近くにのぼっており、平成25年の約490億円から70億円近くも被害額が増大しました。

この数字は過去最大の数字となっており、平成27年1月現在だけでも約39億円もの被害が既に出ています。

被害地域について見てみると、東京が14%、次いで神奈川・千葉が共に9%、埼玉が8%と、上位4都県だけで40%も占めていることになります。

架空請求詐欺については若干割合が減るものの、オレオレ詐欺では71%、還付金等詐欺では54%と全国的に見ても圧倒的に高い被害数がこの4都県だけでも報告されています。

被害額も、100万円未満、100万円以上~200万円未満の被害件数が共に22%で半分近くを占めていますが、1000万円を超える被害が9%にものぼっているなど、被害額と被害件数は決して反比例しない事実が浮き彫りになっています。今すぐお金が必要だという弱点を利用して詐欺が行われるケースが多い事実もわかっています。それは今すぐお金が必要な時※どうしてもお金が欲しい方へを見ればわかります。

年代別・性別の被害認知件数は、60代~80代の高齢者の方々だけで90%を超え、中でも女性が被害を受ける割合は男性の約2~3倍、全体の被害者の68%は60歳以上の女性となっています。つまり、特殊詐欺被害を受ける被害者の3人に2人は60歳以上の女性となります。

特に平成26年の特殊詐欺の被害で顕著な数字を見せたのが架空請求詐欺や異性との交友をあっせんする詐欺でした。これらの詐欺の被害額は前年比約3倍にものぼっており、オレオレ詐欺など微減する手口での詐欺も見られたものの、特殊詐欺被害は現在も増加の一途を辿っていると言わざるを得ない状況となっています。

このサイトはヤミ金問題について詳しく紹介されていて参考になります→http://専業主婦キャッシングマダム.com/あと闇金問題とは関係ないのですがお金に関するとても有益な情報がキャッシング審査に書いてあるので熟読してみることをおすすめします。またおまとめローン比較ハックス | 低金利銀行カードローンへの借り換え情報等も非常に秀逸なサイトなので読んでみてください。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 詐欺に遭わないために~特殊詐欺から身を守る方法 All Rights Reserved.